日本航空学園の紹介

日本航空学園
日本航空学園は、日本で最大最古の航空教育機関です。近年では、普通教育にも力を入れています。

各地のキャンパス

山梨キャンパス

日本航空学園発祥の地です。国内唯一の「滑走路を持つ高校」として、普通科と航空科を設置しています。

千歳キャンパス

日本航空専門学校を置く、航空教育の拠点です。当校の航空実習も、このキャンパスで実施されています。専門学校では、航空機整備や空港のグランドハンドリング業務を学ぶことが出来ます。キャンパス内に滑走路を設置しているほか、車で1時間ほどの場所に学園所有の白老滑空場があり、学生生徒の操縦訓練に使用されています。

能登空港キャンパス

のと里山空港と一体となり、運用されているキャンパスです。学園の格納庫には3機の大型機(YS-11)が保管されており、大型機実習で使用されています。また、モーターグライダーや小型機を使っての操縦訓練も行われています。