沼津・函南の秋季校外学習

沼津校と函南校は校外学習として「盲導犬の里 富士ハーネス」という施設に行って

きました。そこでは盲導犬の育成や訓練、そして引退した盲導犬のケアなどをして

います。

今回は施設を見学してハーネス(器具)や訓練の写真などを見せていただきました。

案内してくださった視覚障害の方も盲導犬を連れて、犬のサインに合わせてすいすい

歩いていらっしゃいました。

展示物の中には、視覚障害者用のオセロやトランプ、絵本やサッカーボールなども

ありました。点字や音で分かるようになっているのですが、この触って札が分かる

トランプで果たしてイカサマ無しでゲームができるのでしょうか?

見学の後は盲導犬PRドッグ「オーパスくん」による実演です。パートナーとして、

曲がり角や段差を知らせたり身を挺して落下を防いだりと、人を支えて暮らしていく

ための素晴らしい仕事ぶりを見せてくれました。

街中での生活で盲導犬を連れた方に出合ったら、今日のことを思い出して今までより

少し優しくなれる気がします。

さて、その後に富士ハーネスを離れ、富士ミルクランドでお昼休憩をしました。

新鮮な野菜やアイスクリームの販売のほか、動物との触れ合いができます。

ヤギやウマにおっかなびっくり手を伸ばし、優しく撫でています。

最後に「みるく菩薩」の前で写真撮影。集合写真の後に、何故か菩薩像がウチの生徒に

なっていましたが、菩薩様は穏やかな顔で許してくれています、よね?