田子の月プロジェクト企画会議

先日、田子の月の本社でのプレゼンを終えたプロジェクトメンバーですが、

まだまだ息つく暇もなく業務に臨んでいます。

今回は伊豆函南校に沼津校組も結集し、企画会議を行いました。メインの

材料を絞り、なぜこの商品にするのか、なぜこの商品でなければいけない

のかを、再検討していきます。単純に「美味しそう」「売れそう」だけでは

商品企画として不充分なのですね、勉強になります。

 

そしてコンセプトやターゲットを定めるためにアンケートを実施するのか、

SNSを利用して統計を取るのか、あるいは関係機関の資料にあたるのかなど、

意見を出し合いました。

この日は柿の木が家にあるという期待のホープが、収穫のノウハウや調理の

指針などについて話してくれたので、プロジェクトが一気に加速しました。

更には、メニュー案のひとつであるショートブレッドを試食用として持って

来てくれたり、

そもそもコレがなくちゃ! と、この時季ではあまり流通していないはずの

柿を(高価でしょうに)持ってきてくれたりと、至れり尽くせりです。

 

ここまでされては燃えないわけにはいかないと、他の皆も奮い立ち、どんどん

企画が進んでいきます。

 

次のプレゼンに向けて今、一丸となって頑張っています!