一日の流れ ~職員室だよりvol.6~

毎週、日本航空高校静岡本部(静岡校・沼津校・函南校)の学校生活や教育方針等を取り上げるコラムです。
今回は、「一日の流れ」について。

 

日本航空高校の静岡校、沼津校、函南校の3つの校舎は、通学型の通信制高校です。

 

生徒は、全日制高校と同じように制服を着用して月曜日から金曜日まで週5日登校します。

 

登校時間は、10時20分と少し遅めです。

朝が苦手な生徒や遠方から通う生徒も、余裕を持って通うことができます。

 

授業は10時30分から40分授業が、最大5コマ。

お昼休みをはさんで終了は、15時(午後3時)です。

 

部活動はあえて設けておりません。

生徒は、10時30分~15時までの学校生活に集中することができます。

 

そして、15時(午後3時)以降は、自分の時間です。

この時間でアルバイトをしながら社会経験を積む生徒も多数います。

 

少人数制の学校なので、一日の中で、生徒同士のコミュニケーション、

先生との関わりがたくさん生まれます。

一日一日を自分次第でどんどん充実させていくことができます。

 

例えば、授業は、生徒参加型のアクティブラーニング(対話型、双方向授業)が中心。

授業の中でたくさんの対話が生まれ、そして先生も生徒一人ひとりに直接問いかけ、

語りかけるようなアットホームな雰囲気で授業が進行されます。

 

きめ細やかな対応が可能な少人数制、

活発なコミュニケーションを通した人間的な成長、

そして、特進、キャリアアップ、美容、航空など特色あるコース。

 

学校に来れば、自分のペースで主体的な学校生活を送り、

3年後の卒業と進路へと確実につなげることができる。

 

それが日本航空高校(静岡校、沼津校、函南校)の学校生活です。