生徒の自己肯定感を高める学校づくり ~職員室だより vol.3~

毎週、日本航空高校静岡本部(静岡校・沼津校・函南校)の学校生活や教育方針等を取り上げるコラムです。

今回は、「生徒の自己肯定感を高める学校づくり」。

 

学校に期待することは何でしょうか?

 

知識を得る、学力をつけること。

人として成長すること。

高校卒業の資格を取ること。

将来の進路につなげること。

 

人それぞれいろんな切り口があるかと思います。

 

私たち日本航空高校静岡本部(静岡校・沼津校・函南校)では、教育目標の第一に

「人間力の育成」を掲げています。

 

人間力とは、知力、体力、コミュニケーション能力、柔軟性、努力し続けることなど

様々な要素から成り立つものだと考えられます。もちろん、すべてが重要な要素です。

 

ただ、私たちの学校では、特に、心=メンタルの部分がとても大切だと考えています。

 

現代の日本は、典型的な成熟社会です。

身の周りは便利なものであふれ、インターネットやスマートフォンは生活のあらゆる

娯楽や快適さを提供してくれます。

 

しかし、一方で、特に心配されるのが、子供たちの「自己肯定感の低さ」です。

簡単に、苦労なく何でも手に入りやすい環境は一見、理想的に思えますが、実は、

日常生活の中で苦労して何かを手に入れる、または工夫して何かを成し遂げる

達成感など、心の報酬を得にくいという落とし穴があるのです。

 

画一的な基準で多数を競わせる教育ではなく、一人ひとりの個性を尊重し、

それぞれに合った方法で自己肯定感を高めることを目指す教育は、時代の趨勢であり、

日本の子供たちの将来のためにも欠かせない視点です。

 

日本航空高校静岡本部の3つの校舎では、生徒たちの自己肯定感を高めることが

できるよう選択理論心理学や行動分析学の知見をベースとした様々な取り組みを

行っています。

 

興味のある方は、ぜひ見学に来てください。