航空コース

航空コースでは、航空機の製造、設計、整備、操縦、空港でのグランドハンドリング業務など、航空に関する幅広い知識を学びます。

航空機実習

航空機実習では、本物の飛行機に触りながら、授業を受けることが出来ます。自らの手で飛行機のエンジンを始動させ地上を滑走したり、飛行機を誘導して所定の場所に駐機させたり、航空整備士やグランドハンドラーが実際に行っている業務を体験します。操縦訓練では、2人乗りのモーターグライダーを使い、パイロットと共に大空へ飛び立ちます。操縦桿の操作方法、計器類の動きなどを、飛行しながら学べる、貴重な機会です。

想定進路

高校で学んだ内容を土台に、さらに専門的な知識を身に付けるため、進学をする生徒が多くいます。系列校として、日本航空専門学校を設置しており、航空機の整備、設計、製造など様々な分野で教育を提供しています。航空従事者養成施設に指定されており、在学中に、一等航空運航整備士や二等航空整備士の国家資格取得を目指す事も出来ます。この他、自動車系、理工系分野への進学、自衛隊や製造業等への就職を目指す生徒もいます。