静岡県の通信制高校【日本航空高校】。通学タイプの通信制。静岡、沼津、函南に校舎を設置。不登校生の受け入れも。
日本航空高校 / 高校案内

教育方針

人間力の育成

人生80年の中で、高校3年間は単なる通過点です。だから、日本航空高校は、進路決定率100%にこだわっています。そして、高校を卒業した後、それぞれの進路で、自分の力で歩いて行けるように、人間力の育成に取り組んでいます。

誰でも変われる学校

卒業生が考えてくれた、日本航空高校のキャッチフレーズです。日本航空高校では、高校生活の中で、たくさんのチャレンジを用意しています。チャレンジを通して、成功体験を積み重ね、ちょっとずつ自分が変わっていく。それが、成長です。卒業式の日、3年間の高校生活を振り返ったときに、3年前とは全然違う自分がいる。そんな実感が出来る高校だから、「誰でも変われる学校」なのです。
日本航空高校の生徒

静岡県内の日本航空高校

静岡県内には、静岡市、沼津市、函南町の3カ所の校舎を設置しています。西は湖西市から東は小田原市まで、また伊東市、伊豆市などの伊豆半島全域、山梨県南部町など、幅広い地域から生徒が通学しています。日本航空高校は、全日制高校を母体とする通信制高校であり、各校舎で生徒一人ひとりをしっかりサポートしています。

日本航空学園のキャンパス

日本航空学園は、全日制課程と通信制課程を設置する高等学校、そして航空専門学校を持つ、総合教育機関です。特に、航空学校としては、日本最古にして最大の規模を誇ります。

山梨キャンパス

山梨キャンパス
日本航空高校全日制課程の生徒、約600名が学ぶキャンパスです。野球、サッカー、空手などの部活が盛んで、全国大会に頻繁に出場しています。遠方から入学をする生徒は、寮生活をしています。普通科と航空科が設置されています。

千歳キャンパス

千歳キャンパス
日本航空高校専門学校の生徒が学んでいます。広大な敷地の中に、学生寮、実習施設、格納庫、駐機場、滑走路が配置されており、実践的な航空教育を行っています。JALやANAとの協同教育が特徴で、全学生が就職先を決めて卒業しています。

白老キャンパス

白老キャンパス
千歳キャンパスから車で1時間、北海道白老町にあります。日本航空専門学校航空ビジネス科のキャンパスで、航空サービスに関する教育が行われています。ANAの現役客室乗務員による実践的な教育が特徴です。

白老滑空場

白老滑空場
白老キャンパスの近くにある、日本航空学園が管理する滑空場です。格納庫には学園所有のモーターグライダーが配備されており、フライト実習に使用されています。

能登空港キャンパス

能登空港キャンパス
能登空港に隣接し、日本航空高校全日制課程と日本航空大学校の生徒・学生が学んでいます。駐機場には大型機YS-11が3機駐機され、航空機実習で使用されています。また、能登空港の滑走路を使い、モーターグライダーやセスナ機によるフライト実習が可能です。航空教育に特化したキャンパスです。

日本航空高校の歴史

昭和7年山梨県に航空発動機練習所を開設
昭和11年10機の飛行機で、飛行士の養成を開始
昭和35年山梨航空工業高等学校の設置認可を受け、高等学校を開設
昭和45年日本航空専門学校の設置認可を受け、専門学校を開設
昭和54年日本航空高等学校に学校名を改称
昭和60年日本航空高等学校に普通科を設置
昭和63年千歳キャンパスを設置
平成11年日本航空高等学校に通信制課程を設置
平成15年能登空港キャンパスを設置し、日本航空大学校を開設
平成19年日本航空高等学校通信制課程に沼津校を設置
平成20年日本航空高等学校通信制課程に伊豆函南校を設置
平成21年日本航空高等学校通信制課程に静岡校を設置
平成24年建学80周年記念式典を挙行
日本航空高校静岡・沼津・函南
日本航空高校をもっと知ろう
日本航空高校をもっと知ろう